FC2ブログ
0612 257-001

2020-07

1274話 ジェームズ・ラヴロック著 「ノヴァセン」・・・新しい地球に人類は必要か - 2020.05.25 Mon

 非常事態宣言は解除されましたが、バスは、換気のため窓を開けて走っています。(最近のバスは、開口面積が少ない)
IMG_2005i5530_convert_20200525194758.jpg

 まだまだ、外に出るのは気が重いので、読書の時間が増えました。新聞紙面も、本の広告や書評が、やたら多いような気がしますが、気のせいでしょうか。
     IMG_2005i5539_convert_20200525194848.jpg
    ソファーに埋もれたサンタ(M.シュナウザー)「ムニャムニャ まだ喰えまっせ」

 ここ数日読んでいたのは、ジェームズ・ラヴロック著の「ノヴァセン」です。
 広告を見たときは、予言の書か、SF的な本かと思って発注したのですが、実際は、勝海舟が晩年にまとめた「氷川清話」(読んだことは無いけど、テレビで紹介していた)を思わせるものでした。
 つまりは、若者を対象に、歳を重ねて統合できた、でっかい話を、痛快な話法で伝えるといった感じで・・・

 まあいわば、「ラヴロック翁夜話」でしょう。
 くそ真面目に捉えると、難解ということになりますが、力を抜いて読めば、大変面白い。


 表紙裏面には、ジェームズ・ラヴロック氏の紹介がありますが、ここに書いてあるような、いろいろ表彰されたということよりも、
IMG_2005i5548_convert_20200525195010.jpg
超高性能のガスクロマトグラフィーを開発してNASAに提供することで、火星探査に役立ったとか、地球の大気を分析して、フロンガスの害を明らかにしたという実績の方が、素晴らしいと思われます。
 学者というよりも、偉大な開発技術者と言うべきでしょう。


IMG_2005i5546_convert_20200525194935.jpgIMG_2005i5547_convert_20200525194949.jpg

 そもそもは、ガイア理論という、地球を一つの生命体とみなす考え方を提唱していて、最近の問題として、ともかく地球を冷やせと叫んでいます。
 地球環境が、生き物のように、すぐにも崩れそうな(虚弱な)バランスで成り立っていることが、直感で伝わってきます。
 地球の冷やし方のアイデアも示していますが、フロンを止めたように、化石燃料を止めろと言っています。

     IMG_2005i5543_convert_20200525194919.jpg
     「アチチ!」

 産業革命以降の「アントロポセン」の時代から、次の「ノヴァセン」の時代へ移り変わる時期だと予言しています。
 AI の急速な高度化で、有機生命体と電子生命体の共存の時代、電子生命体が有機生命体を支配する時代へと移っていくだろうと。
 しかし、有機生命体が絶滅することは無いのは、ガイアの環境維持に必要だからということです。

      IMG_2005i5538_convert_20200525194829.jpg
      「アントロポセン」的光景

感想)
 いい加減な紹介なので、興味のある方は、ともかく読んでみてください。あっという間に読めます。(全181頁)
 原子力エネルギーに対して楽観的なこと、再生可能エネルギーへの過小評価などは、さすがに百歳を感じさせるのと、後になるほど話のキレが鈍った感じがするのは、正直な印象です。
IMG_2005i5541_convert_20200525194903.jpg
 しかし、現実を、まるで宇宙空間から見ているような大局的な視点でみておられるので、方向としては「ノヴァセン」の時代へ移ってゆくのに間違いはないと感じさせられます。
 強引に結び付ければ、コロナ禍で二酸化炭素の排出量が激減したとか、テレワークが普及しだしたとか、ガイアの意思かもかもしれません。(コレコレ、くそ真面目に考えない!)

 百歳の賢人からの痛快な本でした。

IMG_2005i5533_convert_20200525194813.jpg
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://dadeken.blog.fc2.com/tb.php/1296-dea0f3bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1275話 変化 «  | BLOG TOP |  » 1273話 ゾーフィゴ静注の効果 / 村上春樹著 「猫を棄てる」

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (13)
場の力 (398)
その他(場の力) (73)
神社仏閣 (40)
散歩;公園など (118)
散歩;池を中心に (63)
地形を楽しむ (57)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (458)
歴史 (29)
思い出・出来事 (174)
その他(時の力) (255)
トモセラピー(癌治療)体験記 (95)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (30)
リニアック放射線治療 (5)
ゾーフィゴ静注 (15)
聴く・観る (180)
落語・美術・演劇など (93)
オーディオ・音楽会 (18)
出版物 (38)
犬 (52)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (10)
モノと評価 (92)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター20100713-