FC2ブログ
0612 257-001

2020-07

1273話 ゾーフィゴ静注の効果 / 村上春樹著 「猫を棄てる」 - 2020.05.20 Wed

 ゾーフィゴ静注(放射線治療)の効果をみるための三つ目の検査のため、公立病院に行きました。
 C/T、骨シンチを経て、本日は、生検(血液検査)です。
 これで、治療効果が明らかになるはずです。

----------------------
     IMG_2005i5517_convert_20200520153646.jpg
 病院の通路脇に置かれた ちょっと不気味な焼き物(足に注目)。 地場産品です。欲しいけど、どう見ても、一つ50万円を超えそうなお宝系
----------------------
 受付をしてから採血の順番が来るまでに43分待ちました。
距離を保つように椅子にパネルが置かれていて、1m程度は隙間が保たれているといっても、色々な科の人が集まっているので、なんか不気味です。

 採血後、泌尿器科へ向かいます。
 血液検査の結果が出てから診察なので、泌尿器科の待合スペース(ほぼ廊下)で待つのですが、自分の番号が表示される(分析結果が出る)までに54分かかりました。それから診察まで23分間、計1時間17分、これでも早い方です。
 気になったのは、未就学児が、病院内の廊下で、直に座ったり、寝転んだりして遊んでいたことです。ワイルドだぜ! 母親らしい若い女の人が、声をかけていましたが、中国語でした。


----------------------
 時間があったので、病院内だけで、村上春樹著 「猫を棄てる」を読み終えてしまいました。
       IMG_2005i5518_convert_20200520153707.jpgクリックで拡大

 内容は、父親を中心としたファミリーヒストリーでした。
といっても、有名な寺の住職であった祖父の豪快な生き方があり、戦争に巻き込まれながら奇跡的に生き残った父親の話など、さらっと書かれてはいますが、軍部に対して怒りがこみあげてくる部分もかなりあり、ビックリするような新規性はありませんが、若い人にぜひ読んでもらいたい作品になっていました。

 それと、この本は、紙の本の楽しさ、所有する悦びを再発見できるものになっています。
 それは、小型軽量であり、読みやすい活字とともに、雰囲気のある挿絵を多用している点です。たとえば

IMG_2005i5519_convert_20200520153730.jpg
 ただ、テレビのファミリーヒストリーのような写真は出てこないし、ドキュメンタリーを狙ったものではなく、村上少年の心象風景であり、亡くなった父親へのオマージュでもあるのでしょう。

----------------------
 それで、検査結果は、「変化ありません」ということでした。
何のことか分からないので、「拡大するのを止められたということですか」と問い直しました。
 「そういうことです」という答えでしたが、それ以上の説明はありませんでした。(うれしさも半分ばかり医師の言)

IMG_2005i5516_convert_20200520153631.jpg
「半分」

 さらに、副作用について何も言われなかったんですが、データーは、Hctなどの
200519_convert_20200520153802.jpg
貧血を示す数値が悪化していました。(造血機能が低下か、レバーでも食べねば)

----------------------
IMG_2005i5522_convert_20200520153746.jpg

蛇足)数値あれこれ

 近所を散歩しながら数えてみたのですが、駐車車両334台中22台が外国車でした。
7%弱ということで、案外少ないという印象ですが、車庫の中にある車とか、お出かけ中の車など考えると、もう少し多いかもしれません。なお、22台の中には、高級電気自動車のテスラも含まれます。
 また、別の日に数えたのですが、赤い車は、231台中21台(9%)でした。さらに別の日、黒い車は168台中47台(28%)でした。
黒い車が目立つわけです。
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://dadeken.blog.fc2.com/tb.php/1295-f65887a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1274話 ジェームズ・ラヴロック著 「ノヴァセン」・・・新しい地球に人類は必要か «  | BLOG TOP |  » 1272話 気のせい?

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (13)
場の力 (398)
その他(場の力) (73)
神社仏閣 (40)
散歩;公園など (118)
散歩;池を中心に (63)
地形を楽しむ (57)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (458)
歴史 (29)
思い出・出来事 (174)
その他(時の力) (255)
トモセラピー(癌治療)体験記 (95)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (30)
リニアック放射線治療 (5)
ゾーフィゴ静注 (15)
聴く・観る (180)
落語・美術・演劇など (93)
オーディオ・音楽会 (18)
出版物 (38)
犬 (52)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (10)
モノと評価 (92)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター20100713-