FC2ブログ
0612 257-001

2019-05

1188話 呪文を唱えながらご覧ください - 2019.05.31 Fri

 散歩中に拾った石ころの例ですが、ある年代の名古屋人の心に焼き付けられたフレーズ 「しろ、くろ、抹茶、あがり、コーヒー、ゆず、さくら、(青柳ウイロ~)」と唱えながら見ていただけると幸いです。

しろ
1IMG_1905c3323_(2)_convert_20190531192445.jpg1IMG_1905c3334_(2)_convert_20190531192500.jpg

くろ(黒糖)
2IMG_1905c3321_(2)_convert_20190531192513.jpg2IMG_1905c3331_(2)_convert_20190531192526.jpg

抹茶
3IMG_1905c3332_(2)_convert_20190531192612.jpg3IMG_1905c3325_(2)_convert_20190531192557.jpg

3IMG_1905c3337_(2)_convert_20190531192629.jpg3IMG_1905c3317_(2)_convert_20190531192540.jpg

あがり、コーヒー   右側は、いわゆるチャートかなあ?
4IMG_1905c3320_(2)_convert_20190531192644.jpg5IMG_1905c3311_(2)_convert_20190531192658.jpg

ゆず
6IMG_1905c3315_(2)_convert_20190531192714.jpg6IMG_1905c3327_(2)_convert_20190531192729.jpg

さくら  紅いところが酸化水銀だったらヤバい!
7IMG_1905c3333_(2)_convert_20190531192748.jpg7IMG_1905c3335_(2)_convert_20190531192805.jpg

 堆積岩だとか変成岩だとか言わずに、オブジェとしてみたほうが楽しいですよ。タダだし

1187話 おもてなし・・だれのアイデア? - 2019.05.29 Wed

 トランプさんへの接待は、空回りの感もありましたが、森林公園での全国植樹祭(6月2日)での「おもてなし」は、不特定多数を相手にしているので別の難しさがありそうです。

 一般散歩人からみた先週末~今週の公園の雰囲気を紹介します。

IMG_1905i4146_convert_20190529211557.jpg
 芸大生?っぽい人が、ワイワイ楽しそうに作業をしていました。

IMG_1905i4175_convert_20190529211809.jpg
 月曜日には、こんなかたちに

   IMG_1905i4174_convert_20190529211747.jpg
 ペアで揺れれば、愛がめばえるか、喧嘩になるか

IMG_1905i4171_convert_20190529211638.jpg
 いろんな企画が準備されているようで・・・

IMG_1905i4173_convert_20190529211659.jpg
 木の箱が、いっぱい。

   IMG_1905i4176_convert_20190529211826.jpg
 道の両側には、これから花の鉢が置かれるのでしょう。

IMG_1905i4177_convert_20190529211844.jpg
 バス用の駐車場には、ものものしいテントの列。

   IMG_1905i4179_convert_20190529211902.jpg
 今日の夕方立ち寄った維摩池(森林公園南口)の駐車場には、臨時トイレが置いてありました。

IMG_1905i4180_convert_20190529211917.jpg
 歩道には、すでに、フラワーポットが置かれている。

 参加者のほかに、運営関係者、天皇ご臨席となると警備も、道路を含めて、たいへんな数に、さらに報道関係者も多数となると・・・(花の水やりから、清掃のひとも)

       IMG_1905i4143_convert_20190529211539.jpg
 「五平餅もらえるんだったら、警備員やりまっせ」 「お呼びでない」

1186話 ユニークな事象 - 2019.05.26 Sun

 更新できなかった言い訳から始めます。

 Mac.ユーザーである協同生活者に私のWin.パソコンを貸していたのが足掛け三日間(相手先がWin.のため)、FC2の画像縮小ツールがうまく働かなかったのが三日間(あきらめて別の手を使った)、暑くてしんどかったのが数日間ということで、大相撲が終わった今日、やっと更新できました。画質は、どうでしょうか?



 ご近所のユニークなものを集めてみました。

植樹祭の門(式典会場とおもてなし広場をつなぐ)

       IMG_4159 - コピー
 立体感があり、異空間にいざなう通路といった雰囲気があります。

  IMG_4161 - コピー
 こちらは、使途不明ですが、不気味な空間ができそうです。

 一方、これは「イノシシが出たら餌をやらないように」というビラ。「そっちかい!」というツッコミが入りそう。
  IMG_1905i4060.jpg


カーテンに捕らえられたサンタ(M.シュナウザー)
IMG_1905i4140 (2)
「コラ!放せ!」

IMG_1905i4141 (2)
 よく見たら、カーテンを突き破って、抜けなくなってました。(カーテンに孔が空いた)

 あわてて買ったエアコン

 吸い込み口が無くて、スイッチオンで前面パネルが、パカッと空きます。はじめて見たときは、驚きました。しかし、空気抵抗が小さいせいか、すごく静かです。

IMG_1905i4163.jpg


絶滅危惧種

 大道平池のそばに、クロミノニシゴリが群生しています。地味ですが、貴重な樹木のようです。

IMG_4151 - コピー


気まぐれTV

 まだそんなに古くないはずですが、車のTV(走行中は音声)が、受信出来たり、できなかったり、気まぐれです。「B-CASカードを正しく挿せ」と言うのですが、挿してあるし、なにもしないでも復旧します。とりあえず、12ヶ月点検のときに診てもらいますが・・・

     IMG_1905i4118.jpg

 さて、このブログが普通に更新できるか勝負です。ポチン

1185話 ちがい・差異 - 2019.05.18 Sat

 発見というほどでもないのですが、それでも、「へぇ~」という程度には心を動かされたあれこれを紹介します。


1. サンタ(M.シュナウザー)の件

整髪前)
IMG_1905i4113_convert_20190518162221.jpg
相変らずのバテ・サンタ

整髪後)
IMG_1905i4139_(2)_convert_20190518162432.jpg
シャキーン! 美容室帰りだよん


2. 森林公園仮設橋の件

ちょっと前)
IMG_1905i4058_convert_20190518162115.jpg
「なんかやってるな」といった感じ
IMG_1905i4057_convert_20190518162102.jpg

-----------------------------
昨日
IMG_1905i4135_convert_20190518162415.jpg
オオ!橋が、ほぼ、できている
IMG_1905i4134_convert_20190518162401.jpg
 全国植樹祭、恐るべし(新天皇ご臨席)

 同様に、メイン会場からの連絡通路も開通(木っ端敷=木片で舗装)。ここから、おもてなし広場につながる。
IMG_1905i4131_convert_20190518162312.jpg


3. 開拓地の緑の件
 木々に緑が戻ってきました。
IMG_1905i4132_convert_20190518162334.jpg

IMG_1905i4133_convert_20190518162350.jpg
 松にも花が咲きました。


4. 志段味古墳群のぞき箱の件

 ⑤の箱を覗いてなかったのですが、志段味大塚古墳の西側にありました。

IMG_1905i4123_convert_20190518162235.jpg

IMG_1905i4124_convert_20190518162254.jpg
 大魔神が見守る下で、帆立貝式古墳が造られています。雲に乗った神々と、東谷山山頂の光も応援しているのでしょう。
 残念ながら、白鳥塚古墳は死角に入っています。

(本日は、ここまで)

(それにしても志段味古墳ミュージアムの人気はスゴイ。年間入館者の目標は6万人ですが、開館して1.5ヶ月で3万4千人が訪れたとのこと。展示、イベント、レストランなど、どんどん改善していかないと、続かないかも)

1184話 青年劇場公演「みすてられた島」 - 2019.05.15 Wed

 名古屋演劇鑑賞会の5月例会で、中津留章仁 作・演出の青年劇場公演「みすてられた島」を観ました。細かい数字は分かりませんが、結構、盛況だったように思います。

misute5_001_(2)_convert_20190515183436.jpg misute1_001_convert_20190514204955.jpg

あらすじと感想をごちゃまぜで)

 島の人がスマホやタブレットを使っているので、ごく近い未来だと分かりますが、日本が戦争に巻き込まれ、戦後処理の過程で、ある島が、本土と切り離される行政分離になったという設定です。

 荒唐無稽な設定のようですが、じつは、太平洋戦争の後、大島(東京都)が行政分離されるという話があり、島民が本気で新憲法を立案するところまでいったということです。ご承知のように、実際には、そうはならなかったのですが、その話に想を得て、時代を20XX年に移してつくられたコメディーというか風刺劇となっています。

 史実のまま、太平洋戦争直後としてしまうと、ふつうのシリアスドラマ(リアリズム)になってしまいますが、時代をずらすことで、みょうにくすぐったい感じになるのは、現代の沖縄の問題や、憲法改正論と重なるからでしょうね。

 上演時間のかなりの部分を、憲法条文の議論にあてますが、法律論というよりも、素朴な意見のぶつかり合いで熱を帯びていきます。そもそも数千人の島民しかいないのに、防衛はどうするのか、予算の面で軍隊は持てそうにないし。一方、だれが攻めてくるのか、得るものがあるのか。海(排他的経済水域)は広いが・・・

 さらに、議論が島長(村長)の家の居間で行われていることもあり、家庭のゴタゴタに絡んだ奥さんからのかき回しも加わります。

 情報が洩れ漏れで、島から抜け出す人が大勢現れます。

 防衛問題、人口減少問題はどうなるでしょうか。さらに、経済成長と環境の問題は・・・

 この演劇のなかで、島長たちが、結論を示します。その内容は、観てのお楽しみ。(ネタバレ厳禁)

-----------------------------
感想・寸評)
 座席の後ろのおばちゃん達が、休憩のとき、分かりやすくて面白いと喜んでいましたが、私には、中学のホームルームみたいで、あまり共感できる話にはなってないように思われました。一部、吉本新喜劇っぽいし。
 ですが、暗く深刻な話になりそうなところを、ググっと明るい方向にもっていったので、新しくて後味の良い演劇になっています。
 一方で、日本の現実はどうなのか。ちがった観点から見直すヒントが埋め込まれているように思いました。
 なお、近未来の戦争について、もうすこし描写があると、未来っぽくなって、面白くなるのではないでしょうか。
-----------------------------
公式アブストラクト)青年劇場発行のパンフレットから
misute2_001_(4)_convert_20190514205054.jpg
配役)
misute2_001_(3)_convert_20190514205033.jpg

1183話 のぞき箱~WEBモニタリング - 2019.05.12 Sun

 またまた「バテ・サンタ(M.シュナウザー)」
   IMG_1904i4054_convert_20190512151749.jpg
 「あちゃ~!」 「溶けそうや」
 北M坂は、だらだらとした上りが800m以上つづく。しかも、木陰が少ない。ショートカットするつもりが、かえってしんどいことに。ちなみに、サンタのヘアーカットは、今週末。



1. 志段味古墳群の「のぞき箱」
 
 サンタ(M.シュナウザー)と古墳群を散歩していたら変な箱があり、レンズっぽい孔があるので、とりあえず覗いてみました。
IMG_1905i4093_convert_20190512152348.jpg
① 松岡徹さんの絵で、「東谷山」のイメージということです。(板に書いてある)
 光る玉を持った武人は、東谷山の標高(200m)から推定すると身長400m以上で、大魔神みたいですね。カッコイイ!
 光る玉は、東谷山の古墳に埋葬される人の魂。それと、東谷山から昇る日の光が重なる。

     IMG_1905i4095_convert_20190512152411.jpg
-----------------------------

IMG_1905i4091_convert_20190512152317.jpg
② ほぼ90度方向 「勝手塚」に向いた「のぞき箱」です。勝手塚は河岸段丘の下の方、この絵では、右端に少しだけ庄内川と舟が見えています。今は、バローとかスターバックスの方向です。なんか平和な雰囲気があります。
     IMG_1905i4092_convert_20190512152332.jpg
-----------------------------
 散策路の脇に、こんなのができました。遺跡の基盤の高さの違いがよくわかります。そして、河岸段丘が四段に見えることも。(志段味=四段見説)
IMG_1905i4090_convert_20190512152258.jpg
-----------------------------
IMG_1905i4087_convert_20190512152240.jpg
③ 「東大久手古墳」の「のぞき箱」
 右側の古墳は、大久手5号墳でしょうか? あるいは、志段味大塚古墳? 警備が厳重な感じですね。武人の墓?

     IMG_1905i3961_convert_20190512152053.jpg

-----------------------------
IMG_1905i4074_convert_20190512152202.jpg

④ 「大久手5号墳」の「のぞき箱」
 いまは、ほぼ消失していますが、埋葬品は残っていたようで、かなりの有力者の墓のようです。埋葬者が、ついに白鳥に乗ってしまいました。JALか(あれは鶴?)。

     IMG_1905i4075_convert_20190512152219.jpg

 「のぞき箱」は、もう一個あるはずですが、また後日。

 こちらは、某事務所の「のぞき猫」
     IMG_1905i4045_(4)_convert_20190512152110.jpg




2. WEBモニタリング(ソーラー発電)

 シャープから封書が来ていたので、なにか当選したかなと開けてみると、うちの電力モニターとシャープの間のデータ通信が途切れているとのこと。
 途切れると、「発電システムの見守りサービス」、「月一回の診断レポート提示」ができないので、復旧してくれということです。

IMG_1905i3300_convert_20190512151816.jpg

 原因は、ハッキリしています。前回報告したように、ルーターを替えたとき、ソーラー発電のことは、すっかり忘れてました。(ソーラー言わんこっちゃない)

 設定画面から「ネットワーク設定」に入って、

IMG_1905i3301_convert_20190512151900.jpg

WPSを選んで、
IMG_1905i3303_convert_20190512151913.jpg

ルーター側にある「らくらくスタート」ボタンを長押しします。
IMG_1905c3309_LI_convert_20190512214525.jpg

通信テストをやり、
IMG_1905i3304_convert_20190512151941.jpg

最新データを送れば、完了です。
IMG_1905i3305_convert_20190512151953.jpg

 これで完全に、うちのソーラーシステムは、メーカーに覗かれています。いや、見守られているのかな。チョット安心です。

1182話 効果不明 - 2019.05.07 Tue

 昨日の「バテ・サンタ」
  IMG_1905i4046_convert_20190507205048.jpg
 「ハアハア、朝飯前に、光を浴びすぎたのだ」

-----------------------------
1. ルーター

 宅配の不在伝票番号をネットの再配達受付に送信したのですが、拒否されたので電話でサービスセンターへ問い合わせたところ、それは引取サービスの番号だと言われました。
 そういえば、コミュファ光の人が、新Wi-Fiルーター送付後、古いのを引き取ると言ってました。
 5月2日以降に交換しろということでしたが、5月3日に取りに来たわけで、「早~っ!」
 1日遅らせてもらって、交換作業に入ります。

IMG_1905c3284_convert_20190507204410.jpg
 古いルーター

     IMG_1905c3288_LI_convert_20190507204425.jpg
 新しいルーター

 新旧の違いは、高速化(5G対応)、通信の安定性向上のほか、固定電話の非通知着信拒否機能、迷惑電話の自動拒否機能、転送サービスなどです。
 ところが、交換後も、パソコンでは、違いが分かりませんし、固定電話は、全然かかってきません。改善効果は?です。(とりあえず、世代交代したというところでしょうか)

-----------------------------
2. 定光寺公園

 観光資源はあると思いますが、
IMG_1905i4036_convert_20190507204607.jpg
人が、いません。

IMG_1905i4030_(2)_convert_20190507204549.jpg
 お店も、閉じているところが多いのですが、

IMG_1905i4028_(2)_convert_20190507204535.jpg
超豪邸(別荘?)は建っています。

 もしかしたら、定光寺山上の駐車場のせいかもしれません。
 以前は、公園の方に車を置いて、お寺へ向かっていたのですが、今は、山上に駐車場ができたので、いきなり、お寺とか、お墓におまいりして、そのまま帰っていかれるのではないでしょうか。
 定量的な影響は、分かりませんが・・・


-----------------------------
3. 歯を切断

 納豆を食べていたら、急に固いものが入ってきました。
 歯に被せてあったクラウンです。

IMG_1905c3295_convert_20190507204453.jpg
 X線写真の左側赤丸の部分(実際は右側)が欠損し、割れています。
 骨転移の関係で、破骨細胞の働きをコントロールする薬を使っていますので、抜歯ができません(顎の骨が壊死する)。

 医師の判断は、割れているところを切除することでした。一瞬で終わりました。
 その後を、埋めることもしていないので、どうなるのでしょうか。様子見です。


-----------------------------
4. 逆走する電動車いす

IMG_1905c4014_(2)_convert_20190507204513.jpg
 見ていたら、ずぅ~と右側車道を走っていました。(写真よりも中央より) 対向車が何台も急停止しているのも見ました。
 歩道を走らない理由は、推測できませんが、車の時に遭遇したくないものです。
 電動車いすにしたのは、免許返納したためかもしれませんが、これでは交通安全になりません。返納効果不明です。
 

1181話 カズオ・イシグロ著「日の名残り」 - 2019.05.03 Fri

 カズオ・イシグロ著「日の名残り」を読みました。
 おっと、その前に、

IMG_1905c3274_convert_20190503182754.jpg
 かためのパンが食べたくなったので、フランスパンみたいなものを焼いてみました。
 普段のパンと違うのは、薄力粉を1/6混ぜ、砂糖なし、スキムミルク無し、バター半分といったところです。
 味・食感は想定の範囲内ですが、かたいのでパン焼き器からの取り出しが面倒なこともあり、専門店で買った方が良さそうです。


-----------------------------
 カズオ・イシグロ著「日の名残り」(訳:土屋政雄、2001年5月初版、2019年1月43刷、早川書房、ハヤカワ文庫)
IMG_1905c3278_convert_20190503182942.jpgクリックで拡大   IMG_1905c3279_convert_20190503182956.jpgクリックで拡大
 左は腰巻無し、右は腰巻付き、腰巻の無い方がお屋敷の感じが出ている。

 イギリスの大邸宅の執事の話です。そこいらの豪邸ではなく、貴族の屋敷だったところ。
 屋敷の場所が、オックスフォードシャーであることは、後の方で分かります。
 時代は、第二次世界大戦から間もないころですが、主人公(執事)の回想は、第一次世界大戦のあと、ドイツでナチが大きくなり始めるころから始まっていて、国際情勢も絡んでいます。

 主人公(執事)の戦前の主人が戦後失脚して、召使いごと屋敷を売りに出すことになり、それを買ったのがアメリカ人。
 新しい屋敷の主が、アメリカへ帰国している間、主人公にイギリス漫遊を勧めたのです。

 主人公の執事は自分を納得させるような、ある目的を設定して、主人から貸し与えられたフォードで、イングランド西南を目指す長距離ドライブが始まります。(といっても、地図で見ると300km程度を、6日で走破するのですから、のんびりとした旅行です)

 そもそも、日本人には「執事」という職業になじみがありませんが、この小説では、行く先々で、過去の仕事とその周辺について思い返し、反省というよりも自己弁護(それしかできなかった。すべきことは、全てやった)を、ねちねちとくりかえされるので、読み終わったころには、実務は別として、執事の心構えについては、分かったような気にさせられます。

 それで、変な読み方かもしれませんが、安倍内閣の菅官房長官の姿が浮かんできました。
 色々問題のあるトップや、スタッフの中で、なんとか破綻することなくまとめてきた姿が、この主人公と重なるのです。
(お屋敷では、独、仏、米、英の国際交渉が行われていた)(前の主人は、ナチの手先に感化されるような人)(主人の要求は、おかしくても処理してきた)(自己は消して対応)

 そこまでいかなくても、不器用で、くそ真面目な中間管理職の悲哀を、ねっとりと言語化した感がありまして、思わず「そだね~」と言いたくなります。「遠い山なみの光」よりも共感できました。

 <背表紙の紹介文>
   IMG_1905c3280_(2)_convert_20190503183032.jpg

おまけ)今朝、大気圧の上昇で潰れたペットボトル(サンタ(M.シュナウザー)の水のみに使用)
  IMG_1905i4021_convert_20190503215956.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (13)
場の力 (398)
その他(場の力) (73)
神社仏閣 (40)
散歩;公園など (118)
散歩;池を中心に (63)
地形を楽しむ (57)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (458)
歴史 (29)
思い出・出来事 (174)
その他(時の力) (255)
トモセラピー(癌治療)体験記 (95)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (30)
リニアック放射線治療 (5)
ゾーフィゴ静注 (15)
聴く・観る (180)
落語・美術・演劇など (93)
オーディオ・音楽会 (18)
出版物 (38)
犬 (52)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (10)
モノと評価 (92)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター20100713-