FC2ブログ
0612 257-001

2019-04

1180話 日常(花咲く、元気、蛇の死、リハ、強風、渋滞) - 2019.04.27 Sat

 近所のゲートボール広場(仮称)の藤がモコモコで、せき込むくらいの香りを放っています。
      IMG_1904i3992_convert_20190427195431.jpg

 ハナミズキも、我が家のは、悲劇的ですが、元気のよいのは咲いてます。
           IMG_1904i3997_convert_20190427211047.jpg

 元気といえば、小学生の列が、東谷山の方へつながっていました。遠足のようです。
           IMG_1904i3998_convert_20190427211102.jpg

 一方で、お亡くなりになった「蛇」。他殺のようです。骨が露出している。こういう無残な死に方は、はじめて見ました。犯人は野生動物か、車か。市民公園通路脇にて。
          IMG_1904i3999_convert_20190427211122.jpg

 先日、森林公園内の通路が、新たに舗装されていました。全国植樹祭のためでしょう。
全国植樹祭

   IMG_1904i3982_convert_20190424195503.jpg

 そして、今日、サンタ(M.シュナウザー)の散歩のため入ろうとしたら、止められました。全国植樹祭のリハーサル中ということです。
          IMG_1904i4007_convert_20190427211140.jpg
 「トホホ」

 強風なので、避けたかったのですが、やむなく維摩池へ。
      IMG_1904i4008_convert_20190427211209.jpg
 森林公園南門横(維摩池の北西)のカスミザクラ(名前の通り、もわっ~とした感じ)。

IMG_1904i4011_convert_20190427211226.jpg
 案の定風が強い。帽子を飛ばされそうです。

IMG_1904i4012_convert_20190427211242.jpg
 帽子どころか、木が倒されていました。やむなく左端を通る。

      IMG_1904i4013_convert_20190427211300.jpg
 帰りは、ふだん見かけない渋滞で、十連休初日とは関係なく、恐らくリハーサルを終えた人たちの車群のせいでしょう。例えば、会場の方から来たこの車は「設楽郡(豊橋ナンバー)」からの和太鼓隊のものです。
設楽

1179話 ・サンタの初バテ ・高齢者(限定免許)用車両ってないの? - 2019.04.24 Wed

・サンタの初バテ

 尾張東部も、今日(4/24)は涼しかったんですが、昨日、一昨日と夏のような陽気で、サンタ(M.シュナウザー)は、2019年になってはじめてバテて、道路でまったり(*´ω`)。

   IMG_1904i3978_convert_20190424195343.jpg
 「もっと舌を出さないと、身体が冷えないよ」

   IMG_1904i3984_convert_20190424195521.jpg
 「こんなもんでっか」

     IMG_1904i3979_convert_20190424195434.jpg
 「ほな、行きまひょか」

-----------------------------
・高齢者(限定免許)用車両ってないの?

 4月19日の池袋暴走事件には、色々な疑問点があります(警察の対応は置いといて)。
■免許の更新制度って、チェック能力ないの?
■たぶん裕福なはずなのに、車が古い
■足が痛かったのに、なぜタクシーを使わない
■ドラレコの音声記録で、アクセルのことは言っているのに、ブレーキについては、言っていない

 認知症でなくても、運転能力に欠ける人がいるのに、認知症テストが通れば免許がもらえる。・・・簡易な実技試験を行うべきです。
 あとは、ケチなのか、判断力が失われているのか、ポツンと一軒家ならともかく、都内で運転する必然性に疑問があります。運転が、ボケ防止のためだったら、大問題です。

 地方都市に住む私のようなものにとっては、Ⅰさん(87歳)よりも車の必然性が高いので、高齢者に特化した限定免許用車両が欲しくなります。もっとも、そういった限定免許は、まだありませんが・・・
 その仕様は、
〇2~3人乗りの小さな車
〇衝突回避ブレーキ付き
〇レーンキープ機能付き
〇信号機、標識読み取り(ナビと連携)停止機能付き
〇ナビを使った速度リミッター機能付き
〇ナビを使った逆走停止機能付き
〇運転者監視機能(病変時自動停止)(悲鳴などの音声で制動)付き
〇あまりにも運転がひどかったら、動かなくなる機能付き(自動通報機能も)(第三者による解除)

 自動運転の数歩手前と思います。人が運転することで、大幅なコストダウンが図れると良いのですが。

     IMG_1904i3973_convert_20190424195310.jpg
 「一歩ずつ階段を登るのじゃ!」

1178話 カズオ・イシグロ著「遠い山なみの光」 - 2019.04.22 Mon

IMG_1901i3452_(2)_convert_20190422204950.jpg

 4月7日(第1174話)紹介の「わたしを離さないで」からさかのぼって、カズオ・イシグロの初期の作品である「遠い山なみの光(A PALE VIEW OF HILLS)」(旧邦題「女たちの遠い夏」)を読みました。(小野寺健訳、早川文庫、2001年初版、2019年1月、22刷)
IMG_3255_convert_20190422204711.jpgクリックで拡大できます

 裏表紙にある紹介文を読んでも、まったく中身は分からないでしょうね。
IMG_3257_convert_20190422204827.jpgクリックで拡大できます

 女性の視点で書かれています。
 1/3×2回は、病院の待合室で読みましたので、集中力にむらがあり、時間軸と場所の認知に、妙にエネルギーを使ったような気がします。(時空の歪みを演出?)

 時代としては、終戦直後~数十年後、場所としては、日本(長崎)と英国。
 悪人は登場しませんが、日本の場面で、何かに追い詰められたような人が目立つ。米兵と日本の愛人とのトラブルについては、子供のころ聞いていたので、驚きはありませんが、印象に残ったのは、子猫を箱に詰めて川に流すシーンです。イライラの発現は、大人ばかりでなく、少女も相当なもので、描写にリアリティがあります。

 この作品だけなのか、作者の一貫した手法なのか、ト書き的な説明がほとんどない。
会話で説明させることもない。
 なので、ぼぉ~っと読んでいると、空中遊泳してしまいます。
 短期記憶力の強力な若者には不要でしょうが、そうでない方は、人物相関図を描きながら読んだ方が、ストレスがないでしょう。(頭のトレーニングには、なりませんが)

 描かれている世界、人物像とも全く異なるのに、私は、谷崎潤一郎の「細雪」を、ふと思ったのは、訳者小野寺氏の素養のせいでしょうか。
 なお、末尾の池澤夏樹氏の解説は、実作者だけに、明解で具体的な分析がなされていて、スッキリしました。


IMG_3256_convert_20190422204731.jpgクリックで拡大できます

IMG_1904i3957_convert_20190422204912.jpg

1177話 しぶとい - 2019.04.19 Fri

 ガン転移の検査結果を聞きに、朝から病院へ。
6日間で、ずいぶん取り壊しが進んでいました。

IMG_1904i3947_convert_20190419212243.jpg
駐車場4階から東北東方向
IMG_1904i3948_convert_20190419212258.jpg
同じく4階から南南東方向

 1時間以上待って、告げられたのは、転移が広がっていないということでした。
 ディスプレイを覗くと、腰のあたりに赤い点が・・・(ソフトがアップデートされたのか、前には、無かった)
「ここに転移しているけれど、前と変わってないので、良いですよ」とのこと。
 住んではいるけど、おとなしくしているのでしょうか。
 まあいいか。しぶとくいこう!
 皮膚科にもまわされて、結局、帰ったのは、午後でした。


 ということで、「しぶとい写真集」のはじまりはじまり
IMG_1904i3955_convert_20190419212357.jpg
崖上の古木 下には開拓記念の石碑

IMG_1904i3950_convert_20190419212334.jpg
グラウンド下 ほぼ枯れた木から枝を伸ばしている

IMG_1904i3940_convert_20190419212530.jpg
咲き続ける 森林公園

IMG_1904i3954_convert_20190419212626.jpg
こちらも頑張っている 瀬戸市民公園

IMG_1904i3958_convert_20190419212414.jpg
大久手池の東側、東谷山をのぞむ荒野に小学校が建設される。廃校になる小・中学校が多い中、頑張っている。

1176話 良いのか・悪いのか - 2019.04.15 Mon

 志段味古墳群ミュージアム(SHIDAMU)での第1回シンポジウムが、4月14日(日)にあるというので、30分前に駐車場に着いたのですが、シンポジウム参加者なのか、ミュージアム入場者なのか、駐車場に入ることすらできない混雑で、やむなく戻ってきました。
 「申込み不要」となっていたので、余裕があると見たのは甘かったようです。(体調がイマイチだったので、かえって良かったかも)

IMG_1904i3913_convert_20190415190338.jpg
 そんなことで、シンポジウムについて紹介しようという目論見が外れてしまいましたので、しょうもない近況報告とさせていただきます。

-----------------------------
IMG_1904i3897_(3)_convert_20190415190258.jpg
 先月から、さほど進んでいないように見える旧館の取り壊し工事 右側の新館は普通に動いているので、やりにくいとは思いますが

1. 近くの病院で、ガン転移の検査

・まず、検体検査(採血、採尿)で、順番待ち30分。(もちろん朝食抜き)

・つぎに、1時間ほど間が空いて、骨シンチのためのラジオアイソトープ(放射性同位体)の注射になります。
 検査(撮影)が、1時に決まったので、一旦、自宅へ帰りましたが、飲食禁止のままなので、空腹感がピークです。(2時間前にお茶一口)
 直前に尿を出し切って撮影に臨みます。機材が新しくなっているせいか、以前と違い、着替えが不要でした。

・終わったら、すぐにC/T室の方へ。
 C/Tも、なんか簡易化されている感じ。さんざんやって、慣れたせいかもしれない。

 結果は、6日後です。転移が収まっているか、はたまた拡大か

-----------------------------
2. 維摩池
IMG_1904i3905_convert_20190415190637.jpg
 勝手に憑依木と決めた花桃は、元気でした。

IMG_1904i3908_convert_20190415190704.jpg
 対岸の桜は、やや散り気味。その代わりカラスとシラサギは元気。

IMG_1904i3907_convert_20190415190651.jpg
 空模様は、怪しい。
-----------------------------
3. 東谷山フルーツパーク
IMG_1904i3916_convert_20190415190357.jpg
 雨が降ってきたので、帰る人が多い。

IMG_1904i3922_convert_20190415190415.jpg
 「シダレザクラ祭り」は終わったけれど、まだまだいけそう。

IMG_1904i3924_convert_20190415190444.jpg
 こんなのもあるし(踊るシダレザクラ ナンチャッテ)

IMG_1904i3926_convert_20190415190504.jpg
 桜の元祖(野生種)「ウワミズザクラ」も、咲いている(ちょっと遅い?)

IMG_1904i3930_convert_20190415190522.jpg
 梨と桜の饗宴

IMG_1904i3933_convert_20190415190544.jpg
 リンゴ園では、スタッフが作業を急いでいましたが、寄生虫か病気? あるいは、単なるルーティンワーク?
 近所に、こんなところがあるのは、ハッピーですが、ペット禁止なのは、残念。

1175話 「春ゥ~!」な写真 - 2019.04.10 Wed

 寒の戻りとか、せめて春っぽい(スマホ)写真で春を取り戻しましょう。
IMG_1904i3834_convert_20190410211625.jpg
森林公園(尾張旭)、4月1日、子供が多い

IMG_1904i3836_convert_20190410211650.jpg
小さな公園(瀬戸)、4月2日、まだ3分咲き

IMG_1904i3848_convert_20190410211706.jpg
少年関係施設近くの公園(瀬戸)、4月5日、花の種類は分かりません(花桃のたぐいとは思いますが)

IMG_1904i3855_(2)_convert_20190410211719.jpg
森林公園(尾張旭)、4月5日、宝くじ協会の枝垂れ桜

IMG_1904i3868_(2)_convert_20190410211741.jpg
小幡緑地・緑ヶ池(守山区)、4月6日

IMG_1904i3871_convert_20190410211803.jpg
小幡緑地・緑ヶ池(守山区)、4月6日

IMG_1904i3878_convert_20190410211816.jpg
保育園下の公園(瀬戸)、4月8日、周りの屋根よりも高い

IMG_1904i3881_convert_20190410211833.jpg
水路に沿った緑地帯(瀬戸)、4月8日、「さくらまつり」は終っている

IMG_1904i3884_(2)_convert_20190410211848.jpg
尾張西部、4月9日、田植に備える

IMG_1904i3885_convert_20190410211904.jpg
名もない小公園(尾張西部)、4月9日、車椅子で見に来た人も

 明日も、体感温度は低いとのこと(風が強い)

1174話 カズオ・イシグロ著「わたしを離さないで」 - 2019.04.07 Sun

 平成30年間の本の中から、識者120人が選んだ30冊の2位にあげられており、多くの人が推奨するカズオ・イシグロ作品なのでしょう。門をたたくつもりで読んでみました。
IMG_1904c3251_(2)_convert_20190407211601.jpgクリックで拡大できます
 「わたしを離さないで(Never Let Me Go)」早川文庫、土屋政雄訳

 ある大変な重荷を背負った少女による一人称(わたし)で書かれていて、彼女、まわりの子供、大人がどういう人なのか、どういった状況に置かれているか、ほとんど分からないところから始まります。
 それが、読んでいくうちに、徐々に霧が晴れ始め、最後に、ほぼ見渡せるという構成になっているので、概要紹介は、しません。楽しみが、半減します。


IMG_1904i3820_(2)_convert_20190407205118.jpg
 ただ、出てくるキーワードとして、「介護人」、「提供者」、「提供調整官」、「回復センター」、「提供の猶予」まで書くと、鋭い人は、なんとなく分かるかもしれません。
 あくまで近未来的フィクションとして、現代では倫理的にありえない設定となっていて、さらに、その非倫理性を緩和しようとする試みが、かえって悪い方へ作用することすら予測しています。


IMG_3847_(2)_convert_20190407205246.jpg
 といっても、読み物としては、少女と周りの子供たちが悩みながら成長していく過程を、ゆったりと柔らかく描いているので、不快な感じはありません。

 終わりの方で、医療(治療・延命だけでなく機能向上)と倫理の二律背反の問題を突き付けています。
 この作品からの連想されるのは、AIが感情を持つようになるのかという問いについて、いずれAI自体が語り出すかもしれないということです。
 いろんな読み方があると思いますので、ひろくおすすめします。

IMG_1904i3846_(2)_convert_20190407205203.jpg

1173話 2019年1-3月の著名人死亡年齢 団塊ピーク出現 - 2019.04.05 Fri

IMG_1904i3853_convert_20190405211111.jpg

 2019年1-3月の新聞に載った著名人の死亡年齢をグラフにしてみました。
 その結果、団塊世代によるピークができていることが、分かりました。
 (ただし、データ数の関係で、日本の男性のみの結果です)

1904x死亡年齢1904_convert_20190405211046
 一般的な85歳前後のピークに加えて、新たに70歳前後のピークが加わりました。70歳前後(68-72歳)というのは、1947年-1952年生まれの団塊世代です。
 団塊世代は、人数が多くても著名人の割合が低いのか、妙に丈夫なのかと思っていましたが、そうでもなさそうです。


 萩原健一さん(消化管間質腫瘍、68歳)、橋本治さん(肺炎、70歳)、金原亭馬好さん(肺がん、70歳)、蝶花楼馬楽さん(71歳)、冷泉公裕さん(心不全、71歳)などです。
 この年代層では、公表されている死因の中で、ガンが過半数(64%)を占めています。

IMG_1904i3843_convert_20190405211142.jpgお気をつけください

1172話 志段味古墳ミュージアムついに開館 - 2019.04.02 Tue

 新元号の発表と同じ日にちなので、TVなどでは報道されていないように思いますが、4月1日志段味古墳群ミュージアムの公開が始まりました。
IMG_1904i3823_convert_20190402175505.jpg
 愛称は、SHIDAMU(シダミュー)です。シダムと読んでいる人も、いましたが・・・


 名古屋市内からは、ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」で、「上志段味」下車が、分かりやすい。
 あるいは、JR中央線「高蔵寺」から志段味巡回バスに乗り、「勝手塚」下車が、近い(約1分)でしょう。(ただし、本数が少ない)
〇大きな駐車場(無料、イベント時のみ300円)がありますので、平日でしたら、車で来られるのが便利でしょう。

 入場料は、大人200円です。休館日は、月曜(祭日の場合、翌日休館)と年末年始


 入ってすぐのパノラマスクリーンによる概要説明は、パスせず、しっかり見ることをおすすめします。5分間なので、ざっくりしたところがありますが、そこいらは、古代史ロマンということで・・・
(なお、館内は、原則撮影OKですが、フラッシュライト(ストロボ)は禁止です)

IMG_1904i3825_convert_20190402175549.jpg
 大塚古墳の王を蘇らせたような展示(馬は、もっと足の太いタイプだったと思いますが)

IMG_1904i3824_convert_20190402175528.jpg
 白鳥古墳の由来である表面を覆っていた真っ白な石英・・・この辺、多いんですよ

IMG_1904i3826_convert_20190402175605.jpg
 古墳を飾った埴輪

IMG_1904i3827_convert_20190402175621.jpg
 「若葉通り遺跡」で出土? 名古屋市北区? その辺りに住んでいたけど、全然知らなかった!
庄内川による水運で、このあたりとつながっていたそうです。ビックリ!

IMG_1904i3828_convert_20190402175647.jpg
 古墳から出土した馬の装具など(三環鈴は、我が家にある天川神社のお守りと同じかたち)

IMG_1904i3829_convert_20190402175706.jpg
 鎧のパーツ、鏡など

IMG_1904i3830_convert_20190402175721.jpg
 円筒埴輪 ずいぶんでかい

IMG_1904i3831_convert_20190402175736.jpg
 館の東側、工事中に紹介したことのある前方後円墳型のオブジェ。 白いのは、石英をイメージしたんでしょう。たぶん

IMG_1904i3832_convert_20190402175758.jpg
 裏側は、小さい子だったら入って、孔から顔を出せるようえぐってある。そのまま消えたら、怖い。
デザイン的には、逆に、こちらを表にしても良いと思う。


 概要説明で、この辺りが庄内川を利用した水運で栄えていた場所と聞きました。消失した集落の跡に「コストコ」ができるというのも、何かの縁でしょう。川の役割は、拡幅された県道15号と、守山PAのスマートインターチェンジが、担うことになります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (13)
場の力 (398)
その他(場の力) (73)
神社仏閣 (40)
散歩;公園など (118)
散歩;池を中心に (63)
地形を楽しむ (57)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (458)
歴史 (29)
思い出・出来事 (174)
その他(時の力) (255)
トモセラピー(癌治療)体験記 (95)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (30)
リニアック放射線治療 (5)
ゾーフィゴ静注 (15)
聴く・観る (180)
落語・美術・演劇など (93)
オーディオ・音楽会 (18)
出版物 (38)
犬 (52)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (10)
モノと評価 (92)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター20100713-