FC2ブログ
0612 257-001

2018-03

1071話 守山スマートインターチェンジ 経由 尾張西部へ - 2018.03.29 Thu

 守山スマートインターチェンジができたので(3月24日)、尾張西部へ行くのに使ってみました。
公式のガイドでは、周辺道路とのつながりが分かりにくいので、ドライブレコーダーの画像(静止画)を掲載します。
IMG_1803d2626_convert_20180329200818.jpg
名古屋多治見線の濁池交差点 ここから北へ(多治見方面からは右折、名古屋方面からは、左折)
(Alpen、あみやき亭の看板がある。CAINZも近い)

IMG_1803d2630_convert_20180329200832.jpg
すぐに真新しい交差点に ここを西へ(左折) (地名標示なし)(手前に電光案内標示盤あり)

IMG_1803d2632_convert_20180329200847.jpg
スマートインターチェンジのゲート 一旦停止が必要(応答が遅い)

IMG_1803d2636_convert_20180329200904.jpg
すぐに上り下りの分岐

IMG_1803d2637_convert_20180329200919.jpg
本線に入る前にも一旦停止(PAからの車が優先) ランプが短いので要注意

  IMG_1803i1923_convert_20180329201120.jpg
  中略) 到着 ザックリ言えば尾張西部 このごろよく止まる名鉄本線

      IMG_1803i1920_convert_20180329201105.jpg
      廃屋の桜とサンタ(M.シュナウザー) (明らかに昭和の家 だれも住んでいない)

IMG_1803d2641_convert_20180329200938.jpg
帰路) 守山PAの案内の下にETC出口との標示

IMG_1803d2643_convert_20180329200953.jpg
PA内 ETC出口の標示

IMG_1803d2644_convert_20180329201013.jpg
ゲートでは一旦停止

IMG_1803d2647_convert_20180329201030.jpg
Vdrugの交差点(地名標示なし)を右折(南方向) 

IMG_1803d2649_convert_20180329201050.jpg
名古屋多治見線 濁池交差点に出る

 これまで、帰りは春日井IC出口の渋滞に巻き込まれることが多かったが、守山スマートICを利用すれば、すっきり行けそうです。
 多少遠回りでも、疲労感が違う。ただし、通行料は、若干↑。

1070話 昨日の東谷山フルーツパーク - 2018.03.26 Mon

 はじめに訂正ですが、東谷山フルーツパークの「シダレサクラまつり」は、4月7日から4月16日の間です(4月6日からと間違えていました)。
------------------------------------------------
 まつりの期間は、そのいうことになっていますが、今年は、早く来ないと厳しいかも。
 3月25日(日)時点の花のようすを、お目にかけます。

   IMG_1803i2574_convert_20180326210723.jpg
    出入口ゲート付近

   IMG_1803i2579_convert_20180326210748.jpg
    これは、しだれ梅

IMG_1803i2581_convert_20180326210822.jpg
 染井吉野は、満開に近い

   IMG_1803i2585_convert_20180326210840.jpg
   場所によっては、しだれも、こんな具合(日当たり?個体差?土壌?)

   IMG_1803i2591_convert_20180326210906.jpg
   後ろでは、リンゴ園の作業

IMG_1803i2604_convert_20180326210943.jpg
 咲き始めの枝垂れ桜と東谷山を見ながら、お弁当
 なお、私と共同生活者は、パーク内のレストラン(屋内)で「味噌カツ定食」をいただきました
(カラッと揚っていて、おいしゅうございました)

   IMG_1803i2609_convert_20180326211002.jpg
    これは「花ウメ」といって、1本の木・枝に紅白の花を咲き分けるという器用な木(うしろは、温室)

IMG_1803i2619_convert_20180326211023.jpg
 釣り人も多数
釣ったら放すのが、ここのルール

 なお、駐車場が満杯に近く、この調子では、今週の平日がおすすめです。

1069話 昨日の東谷山フルーツパークのしだれ桜 & 小生のガン活性度 - 2018.03.24 Sat

 急に暖かくなったせいか、東谷山フルーツパークの枝垂れ桜は、こんな開花状況です。
個体差が大きく、ほぼ全開の木がある一方、まだまだの木もあります。
これは、中間かな。(後ろは、リンゴ園)
     IMG_1803i1886_convert_20180324202349.jpg

 ついでに、いま満開の珍しい花を、ご紹介。
     IMG_1803i1889_convert_20180324202408.jpg

 どんな花かは、この看板をご覧ください。
     IMG_1803i1890_convert_20180324202432.jpg
 この絶滅危惧植物が、なぜ守山区(名古屋市)に集中?

 ところで、東谷山フルーツパークは、4月7日から「枝垂れ桜まつり」がはじまり、大混雑します。駐車場も有料になります。
 すでに、充分楽しめると思いますので、早めに訪れられることを、お勧めします。


小生のガン活性度
  IMG_1803i1883_convert_20180324202325.jpg
  病院駐車場出入り口

 前回の診察から3ヶ月経ちました。
 前立腺癌の活性度を示すPSAは、このようになりました(対数値を示す)。 0.3以上が黄信号で、0.6以上が赤信号です。

PSA180323_convert_20180324202718.jpg
 スタートは、2011年初頭です。薬による治療から始め、2011年末には放射線治療を終えました。(治療期間(1))

 その後、経過観察だけを行っていたのですが、2015年11月に黄信号が出て(再発)、薬による治療を再開しました。(治療期間(2))
 2016年9月には、薬を止めて、経過観察に。

 2017年9月には、再び黄信号に。さらに、骨シンチで、骨転移発見。
 2017年10月1か月間、骨の放射線治療。
  薬による治療も再開・継続中。(治療期間(3)継続中)
  骨転移対策の点滴は、口内炎が治らないので延期。(口内炎悪化の副作用あり)

◎いまのところ、「ホルモン療法」が良く効いている。また、骨転移の放射線治療後、腰痛が起きていない。(ただし、骨がスカスカなので、転倒に注意ということです)(同病の方、ご参考に)

1068話 小さな公園にも立派な銘板 - 2018.03.21 Wed

 マンホールの蓋の画像を収集していると楽しくなってくる一部の人間のひとりです。
 それと同様に?サンタ(M.シュナウザー)の散歩で立ち寄る中小の公園の銘板画像も、集めてみたところ、それなりに面白くなってきました。(感じ方は、個人差大ですが)

IMG_1803i1860_convert_20180321210844.jpg
 高圧線の真下の公園。 数キロ先まで見渡せる。

IMG_1803i1862_convert_20180321210937.jpg
 地下に貯水槽がある。右奥の回転ハンドルは、水のポンプだが、今は壊れていて水が出ない。水NO公園?

IMG_1803i1863_convert_20180321210953.jpg
 東側にあるので、光としたのでしょうか。太陽光で動く柱上時計がある。

IMG_1803i1864_convert_20180321211009.jpg
 中規模の公園。南というよりも、タウンの東に位置する。トイレがあり、宅配や郵便局の方が、よく利用している。東屋では、モグモグタイムの人も。 

     IMG_1803i1866_convert_20180321211046.jpg
     風見鶏があるので、風の公園なのでしょう(名前と設置、どちらが先か・・・名前に合わせて設置?)

IMG_1803i1867_convert_20180321211102.jpg
 「もみじ」あったっけ? 極小の広場だが、ショートカットするには便利。サンタ(M.シュナウザー)のお気に入りの場所。(Q:サンタは、どこにいるでしょうか?)

IMG_1803i1868_convert_20180321211124.jpg
 中規模公園。これもタウンの西なのに中央と命名。中規模になると、妙な意図が働くのか?ウォーキングやジョギングの人の休憩、着替え地点にもなっている。もちろんトイレあり。

     IMG_1803i1869_convert_20180321211141.jpg
    たしかに、百日紅の木がある。転居したてのころ、ここを通るとき、TVの音声で「携帯大喜利」聞こえてきたのを覚えている。「携帯大喜利」が無くなってしまい、また、公園の周りも、大きく変わってしまった。月日が流れたということなのでしょう。

IMG_1803i1874_convert_20180321211209.jpg
 旧タウンの公園。まわりの高低差が大きいので、見晴らしがよい。高度成長期に造られ、昭和の雰囲気が残る。(手すりは、最近、設けられた)
 ちなみに、ここ以外は、平成にできた公園。

1067話 テアトル・エコー公演「もやしの唄」 - 2018.03.18 Sun

 名演3月例会で、テアトル・エコー公演「もやしの唄」を観ました。
     配布されたビラ
     名演3月_もやしの唄_convert_20180318145409
 悪人が一人も出てこない、ほのぼのとした話です。

 ビラでは、昭和30年代となっていますが、主人公(もやし生産者)の妹が欲しがる電化製品(たとえば、カラーテレビ)からみて、昭和30年代も末のころでしょう。
--------------------- 
どんな話かというと)

 もやしを生産出荷する「泉商会」では、経営者の妹「泉十子」の結婚をひかえバタバタしています。
 経営者の弟で学生の「泉一彦」は、もやしの生産に意義を認めないとして手伝わず、そればかりか、自身の就職活動にすら投げやりです。


 そこへ、もやしのように頼りなさげな青年「村松」が迷い猫のようにやってきます。
村松は、親の会社が苦手で、家を出てきたと言います。そして、ときどき手伝いに来ている「高野九里子」に教わりながら、住み込みのようなかたちで、「もやしの生産」を習得していきます。
 村松は、夜のもやし工場で、不思議な音がすると言います。

 
 経営者の「泉恵五郎」は、妻に先立たれ、ひとり、昼も夜も6時間ごとに水やりが必要な「もやし栽培」を続けていますが、暇さえあればというか、会話の途中でも眠ってしまう状態です。(ナルコレプシーという設定ではない)
 なにしろ、再婚のための見合いの最中にも眠ってしまうぐらいですから・・・


 そういう恵五郎に、九里子は、好感を抱いている様子。

 村松は、生産の自動化を勧めるのですが・・・
恵五郎は、もやし工場の不思議な音を知っており、それが・・・


キャスト
もやしの唄登場人物_convert_20180318145347
 村松は、じつはたいへんな人物で・・・

 最後は、40年後の泉商会となりますが、
さて、どうなっているか・・・

------------------------------------------------
感想みたいなもの)
 ストーリーには影響のうすい、絶対的な善人、「喜助」という登場人物に惹かれました。
 昭和の中期では、すこし機能障害のある人も、キャラとしてみられていて、皆で一緒に遊んだりしていた記憶があります。
いろんな職場で、単純繰り返し作業が残っていましたから、働き口もあったように思います。
 貧しいながら、ゆとりのある社会だったかも。

 この作品は、革命だとか、戦争だとかいった大きな話ではないのですが、人生について考えるきっかけになると思います。
英雄とか、世界的な学者でない市井の一人ひとりの人生も「それほど軽いものではない」と感じさせてくれるのではないでしょうか。

 ここに描かれているのは、「何かを背負って自死しなければいけないような世界」ではありません。
生産性は悪いかもしれませんが、そこそこ温かい世界です。

1066話 加藤好弘先生あちらの世界へ - 2018.03.16 Fri

IMG_18031858i_convert_20180316215322 - コピー
 ここ数年、新聞の死亡記事(欄)を切り抜いています。
 昨日の記事に驚きました(枠で囲んだ部分)
IMG_18032564i_(2)_LI_convert_20180316203439.jpg
 加藤好弘(よしひろ)さんの死亡を報道しています。
 
 記事にはありませんが、加藤さんは、美大卒業後、数年間、名古屋の中学校の教師をされていて、私はその時の生徒のひとりです。しかも、担任されていたクラスの室長でした。しかし、そのころは、街中を全裸で走るパフォーマンスは、まだ、やられてはいなかったようですが。

 担任ということで、いろいろな話を聞きました。すごく印象に残っているのは、お母さんに、今でいう統合失調症的な行動があったと言っておられたことです。凡人としては、もしかしたら、そういう素質を気にして、わざと奇矯な行動に出られたのではないかということも考えてしまいます。
 本当は、芸術表現の模索過程の一端ということなのでしょう。(天才のことは、理屈では分かりません)
 しかし、まわりの多くの人に芸術的な啓発を与えたことは間違いありません。

 あちらの世界でも、常識をぶち破る活動を続けられると面白いのですが。
 ご冥福をお祈りいたします。

IMG_18031853i_convert_20180316215306 - コピー

1065話 鳥羽(3)真珠島 荒れた海での海女ちゃん実演など - 2018.03.14 Wed

 義母(89歳)が、歩けるというので、ミキモト真珠島をめざす。
IMG_1803i1808_convert_20180313213059.jpg

 幼稚園児と途中まで一緒。彼らは、水族館まで歩くつもりのようだ。海上には遊覧船。義母が船を苦手としているので、乗れない。
IMG_1803i1809_convert_20180313213113.jpg

 左の橋を渡るとミキモト真珠島。
IMG_1803i1811_convert_20180313213127.jpg

 歴史的な遺物として、三千万円を超える真珠もあったが、わたしは、これが好き。(博物館にて)
(なお、人工真珠と本物(天然・養殖)の見分けかたとして、球同士をこすり合わせて、ザラザラしたら本物ということです)

  IMG_1803i1816_convert_20180313213203.jpg

 海女の実演を観るためのスタンド。
海が荒れているので、お休みかと思っていたら、

IMG_1803i1817_convert_20180313213222.jpg

やっちゃうんですねぇ。
IMG_1803i1823_convert_20180313213256.jpg

IMG_1803i1829_convert_20180313213312.jpg

 しぶきをあげない潜りが美しい。しかし、風が強い。もういいから終わってと思っても、そこそこ続き、無事終了。
IMG_1803i1830_convert_20180313213336.jpg

 養殖真珠を成功させた、御木本幸吉氏の記念館。実家は、うどん屋さん。この島には、多くの権力者が訪れていて、写真を残している(安倍昭恵さんも)。
IMG_1803i1842_LI_convert_20180313213406.jpg

 橋の上から、警察のボートが見えた。
IMG_1803i1844_convert_20180313213420.jpg

 義母の卒寿祝いを兼ねた旅行で、天候はイマイチだったが、本人が喜んでいたので良しとしよう。魚介類が、理屈なくおいしいのが、良かった。

1064話 鳥羽(2) - 2018.03.12 Mon

 ここから優雅に、海上の花火を見られるはずでしたが、春の嵐のため中止になり、お神楽と太鼓を楽しむことになりました。
IMG_1803i1804_convert_20180312210742.jpg

 随分前に、御祈祷の意味で伊勢神宮のお神楽を拝する機会がありましたが、今回は、皇學館大學の学生さんによる古典芸能としての神楽です。司会は、三重テレビの女子アナ?さん
IMG_1803i1792_convert_20180312210612.jpg
よくわからないが、緊張が伝わる

IMG_1803i1793_convert_20180312210624.jpg
 ときどき、同好会っぽい雰囲気も・・・

IMG_1803i1795_convert_20180312210637.jpg
 蘭陵王(美形すぎるので、醜い面をかぶって戦いに挑み、勝利したという舞)

IMG_1803i1797_convert_20180312210651.jpg
 そのあとは、伝統芸能「九鬼水軍太鼓」。
 迫力がスゴイ。最大音圧が、恐らく100dBを超えている。耳に悪い。腹に響くし、涙も出てくる。
もともと水軍の号令用でもあったので、リズムは覚えやすそうだが、筋力・体力が勝負。


IMG_1803i1837_convert_20180312210804.jpg
 伊勢志摩サミットのときも演奏したようだ。(ミキモト真珠島(次回紹介)にあった写真)
 中央の女性は、今、話題の安倍昭恵夫人。右の集団は、海女ちゃんたち。


IMG_1803i1798_convert_20180312210707.jpg
 場所をかえて、こんどは、「美里龍神太鼓」。
 津市からの客演で、こちらは、かなり大衆化された感じにアレンジされていた。


 太鼓の後は食事で、「伊勢志摩サミット飲み比べセット」を注文。
IMG_1803i1799_convert_20180312210723.jpg
伊勢志摩サミット飲み比べ_001_convert_20180312210821
 圧倒的に「半蔵」(晩餐会乾杯酒、伊賀大田酒造)が、フルーティーで、透明感があり、美味しかった。買って帰ろうとしたが、土産物屋には置いてなかった。店の人が言うには、高価すぎて置けないということだった。
(つづく)

1064話 鳥羽・悪天候・高齢 - 2018.03.11 Sun

 歩くのが嫌いな高齢の義母などと四名で、小さな台風並みの風と雨の中、鳥羽にやってきた。
 IMG_1803i1790_convert_20180311211853.jpg

 やむなくタクシーで、鳥羽水族館に直行。だれの思いも一緒なのか、館内は混雑している。
IMG_1803i1763_convert_20180311212200.jpg

IMG_1803i1746_convert_20180311212034.jpg
 化石じゃあありません。オオムガイが、高速遊泳するのを、はじめて見た。

IMG_1803i1735_convert_20180311211948.jpg

IMG_1803i1740_convert_20180311212008.jpg
 「あなたは、眠くなる~」

IMG_1803i1745_convert_20180311212021.jpg
 ワニじゃないよ、アリゲーターガー。たしか、名古屋城のお堀にも居たような。なんか嬉しそう。

IMG_1803i1755_convert_20180311212100.jpg
 エビとウツボか。仲悪う~。というか、ほとんどお食事モード?

IMG_1803i1756_convert_20180311212114.jpg
 「オラ!オラ!オラ!」みたいな高圧的な恰好だが、動かないタカアシガニ。

IMG_1803i1764_convert_20180311212217.jpg
 なぜか水族館にカピバラ。(水辺の生き物ということでしょう)。ほぼ、食べ続けている。魚じゃなくて、野菜を。

IMG_1803i1770_convert_20180311212244.jpg
 これは、私のお友達。

IMG_1803i1772_convert_20180311212258.jpg
「水から出てカエルぞー」
 と、まあ、こんな感じで、どこにも行かず、ホテルに
(つづく)

1063話 大丈夫か? - 2018.03.07 Wed

 口内炎が治ったと思ったら、今度は、歯肉炎です。
 下の写真の〇の部分が、痛い。

IMG_18031731i_LI_convert_20180307160359.jpg
 旅行に行くつもりだが、大丈夫か?
 (塗り薬持参)

------------------------------------------------
 これも大丈夫か?
   IMG_18031730i_convert_20180307160338.jpg
 新築中の家の仮設トイレ。ひどく傾いてます。戻せばいいだけの話ですが、倒れるような置き方をする感覚の方に問題が。
 新幹線車両など、常識を疑いたくなるような事例も増えてきましたし・・・
 理財局の文書管理とは、ベクトルが違うのでしょうが。

------------------------------------------------
 その3
   IMG_18031721i_convert_20180307160207.jpg
 市街地に巣を造った鳥さん。ここで大丈夫か?

 すこし飛べば森もあるのに
 森には、こういった怖いおばはん?が居るからか。

IMG_18031724i_convert_20180307160254.jpg
------------------------------------------------
 その4
IMG_18031729i_LI_convert_20180307160324.jpg
 自宅から比較的近い、名古屋市の東端ですが(守山区上志段味地区)、「スタバ」ができ、「スシロー」もできました。お店が、どんどん増えていきます。やっていけるの、ほんまに大丈夫でっか?

1062話 みた みたい みえる - 2018.03.04 Sun

 蒼井優さんの演劇を、2月18日にナマで、至近距離で観ることができましたが、このたび、第41回日本アカデミー賞主演女優賞を受賞されたということで、旬の人を間近でみられたことに、ミーハー的に喜んでいます。とはいえ、受賞した映画「彼女がその名を知らない鳥たち」は、まだ観ていませんので、何とかしたいと思います。
------------------------------------------------
  IMG_18031713i_convert_20180304182812.jpg
 名古屋の旧宅から持ってきた寒椿ですが、今年は小さな花ばかりだと思っていたら、急に暖かくなったせいか、例年の大きさに戻りました。
 人間の方は、口内炎になったり、皮膚が痒かったりして、季節の変わり目で、体調が戻りませんが・・・

------------------------------------------------
 散歩に行ったら、以前記事にした、森林公園(尾張旭市)の鹿の檻撤去の理由が、分かりました。
IMG_18031717i_convert_20180304182845.jpg
 看板が立てられていて、第70回全国植樹祭(2019年)のための一連の工事ということです。
 今日は、鳥小屋も壊されていました。
IMG_18031716i_convert_20180304182832.jpg
 過去の例をみると、皇族の方が出席されるようです。2019年は、かなり大変な時期ですから、どなたが来られるのでしょうか。弟君も見たいし・・・
------------------------------------------------
IMG_18021691i_convert_20180304182926.jpg
 バス通りに高所作業車
 後日、通ったら

IMG_18031712i_convert_20180304182753.jpg
配電線が新設されていて、

IMG_18031710i_convert_20180304182739.jpg
住宅の新築工事が始まっていました。
 これで、このブロックには空き地が、無くなったようです。

 このあたり、40代、10代人口が多く、周りの60代、70代人口の多い地域と雰囲気が違うことは確かで、そのあたりが受けているのかもしれません。
とは言っても、ここも、20年後には、高齢地区になるはずですけどね。(周りの高齢地区は、ゴーストタウンに?)

1061話 春一番ほか - 2018.03.01 Thu

 天候が不安定です。
IMG_18021703i_convert_20180301185732.jpg
今朝の空(尾張東部 近所の公園から)

IMG_18021707i_convert_20180301185747.jpg
災害復旧にお金をかけるよりも、減災にお金をかけた方が、かえって安くつくので、こういった工事は大事ですが、問題は費用対効果です。
最近は、想定を超える雨量だったりして・・・

IMG_18021697i_convert_20180228215153.jpg
 これも、壊れる前の予防策です。保証期間延長工事と書いてあります。このところ、あちこちで始まっています。
 施工業者は違いますが、我が家も、あと2ヶ月で定期点検になります。少なくとも、屋根とか外壁は、改修することになるのでしょうね。(なお、画面右の白い小さな車は、宅配ヤクルトの電気自動車です)

IMG_18021692i_convert_20180228215109.jpg
 散歩コースにある保育園
 屋根の上に人影が・・・
校長先生かな~ぁ、雨にそなえて、屋根の排水路のゴミを取っておられるみたいです。危ない、危ない


IMG_18021679i_convert_20180225193719.jpg
 森林公園では、

IMG_18021699i_convert_20180228215134.jpg
鹿の檻が、撤去されていました。腐食して、「触るな危険」といった状態だったし、汚かったので、ちょっとイメージが良くなりました。(鹿は、ずぅ~と不在)


 話は変わりますが、パンは、ドライイーストを替えたら、さらに小型にできました。
IMG_18021702i_convert_20180228214909.jpgIMG_18021701i_convert_20180228214849.jpg
左の日清スーパーカメリアから、右の白神こだま酵母Gへ
(いずれも、1袋しか使っていません)

IMG_18021695i_convert_20180228214955.jpg
 いつものパン切りガイドよりも明らかに小さい。これぐらい小さければ、満足です。
あとは、強力粉も日清「カメリア」にしてみる選択肢がありますが、そうなると、すべてやり直しになりそうです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (13)
場の力 (398)
その他(場の力) (73)
神社仏閣 (40)
散歩;公園など (118)
散歩;池を中心に (63)
地形を楽しむ (57)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (458)
歴史 (29)
思い出・出来事 (174)
その他(時の力) (255)
トモセラピー(癌治療)体験記 (95)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (30)
リニアック放射線治療 (5)
ゾーフィゴ静注 (15)
聴く・観る (180)
落語・美術・演劇など (93)
オーディオ・音楽会 (18)
出版物 (38)
犬 (52)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (10)
モノと評価 (92)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター20100713-